『激闘!八八艦隊海戦史DX』(ジュトランド海戦付)は『激闘!ソロモン海戦史DX』に続く「激闘!海戦史」シリーズ第2弾です。
「もしワシントン軍縮条約が決裂し、日本海軍の八八艦隊艦隊が完成していたら?」という前提の下、日本海軍が夢見た日米主力艦同士の艦隊決戦などをシミュレートします。
日米の戦いだけでなく第1次世界大戦におけるジュトランド海戦やドッガーバンク海戦、コロネル沖海戦などのシナリオも収録し、プレイヤーは指揮下の艦船1隻ごとに針路や速力、射撃目標などを細かく指示しながら敵艦隊と戦いを繰り広げます。艦船は八八艦隊の「長門型」や「加賀型」「天城型」「13号艦型」はもちろん、レキシントン型や「インコンパラブル型」「G3型」など日、米、英、独、仏、伊、露、オーストリー、トルコ、ギリシャ他の戦艦、巡洋戦艦、装甲巡洋艦、巡洋艦、駆逐艦など140クラス以上が登場します。
個々の艦船は1隻ごとに詳細なデータが盛り込まれており、主砲、中間砲、副砲、補助砲、魚雷発射管などの兵装は砲塔1基単位で扱われます。そして各砲塔の射界や各兵器の破壊力なども実際のデータに基づき、精密に再現しています。
兵装だけでなく船体各部の装甲厚や艦橋、弾薬庫、機関室などの配置もデータ化しているので「機関区が集中しているため1回の被弾で大損害を受けやすい」といった各クラスごとの特性も忠実に再現されます。
また天候と波高の変化、大落角弾、マップ外からの増援到着、弾薬庫の誘爆、対地砲撃、夜間の探照灯照射などもルール化しています。
シナリオにより昼間戦、夜戦、薄暮戦などがプレイ可能です。時刻や天候の変化に伴い視認距離も海戦中に刻々と変化するので「霧が晴れたら敵艦が目の前に!」というようなスリリングなゲーム展開が楽しめます。
ゲームシステムは前作『激闘!ソロモン海戦史DX』のシステムを踏襲しつつ、高解像度液晶ディスプレイ対応の画面拡大機能、リプレイ機能、航跡図表示機能など便利な機能を多数搭載しました。
シナリオは史実戦シナリオ、仮想戦シナリオに加え、自由に艦隊を編成して戦えるフリーセットアップシナリオなど12本を収録しています。
もちろんCPUとの対戦に留まらず、弊社のサロンを仲介したインターネット対戦やLAN対戦も気軽に楽しめます。

『激闘!八八艦隊海戦史DX』画像サンプル(クリックすると大きな画像を表示します)
◆『激闘!ソロモン海戦史DX』および『激闘!八八艦隊海戦史DX』など「DXシリーズ」では従来のPC−98版「激闘!海戦史」シリーズに較べ、各部隊に対する直進や回頭などのプロットを数ターン分まとめて行えます。
また全部隊の移動経路を同時に表示する「全プロット表示」機能をを搭載しているので、衝突を未然に防ぐことができます。
◆払暁、昼間、薄暮、夜間に加え天候(晴、曇、小雨、雨、豪雨、小雪、雪、吹雪、霧、濃霧など)や波高(5段階)がデータ化され、視認距離や最大速度に影響を及ぼします。フリーセットアップシナリオでは海戦の開始時刻や総ターン数、天候の変動率なども自由に設定できるので、多彩な自作シナリオが楽しめます。
発売日 2001年12月28日(金)
価格 9,800円(税別)
対応OS Windows95/98/Me/2000/XP/Vista
XPはSP3、VistaはSP1での動作確認済です。
Vistaでの対戦プレイは現在未確認です。
Vistaは32bit版のみ動作確認済です。
CPU Pentium133MHz
メモリ 32MB
HDD 60MB
画面 640×480 フルカラー
その他 Windows95をご使用の場合、インターネット
エクスプローラ4.0以上がインストールされ
ている必要があります。
<販売終了>

←『激闘!八八艦隊海戦史DX』コーナーへ


 Windows Vistaをご使用の方へ(設定変更)
Windows Vistaをご使用の場合、以下の設定を行って下さい。

デスクトップを右クリックして、メニューから[個人設定]を選びます。
「個人設定」ウインドウが開くので、以下の2つの設定を行います。
「テーマ」タブをクリックして「テーマの設定」でテーマを「Windowsクラシック」に変更。
「ウインドウの色とデザイン」タブをクリックして「デザインの設定」で配色を「Windowsクラシック」に変更。